10万PVを達成するために最低限知るべき6のルール

あなたの記事はSNSで拡散をしていますか?
拡散している人はこの記事を読む必要はありません。このまま閉じてください。
けれども、誰もシェアやRTしてくれていないならば、このまとめ記事は必ず読んでください。

「本人が満足」して、「知り合いにも読んでほしい」と思ってもらえて初めて、
ソーシャルメディアで拡散をしていきます。
ですので、どのようなすれば満足度を高めることができるのかを考える必要があります。

感情を動かす記事にする

人間には、感情が動くツボがあります。
このツボをうまくつくことによって、感情を動かし、口コミを起こすことができます。
「驚き」「疑問・興味」「発見・納得」「共感」「感動」のうち、
どのツボを刺激する記事を作るのか考える必要があります。

誰かに伝えたくなる、5つの口コミ起爆スイッチ
参照:
誰かに伝えたくなる、5つの口コミ起爆スイッチ

bizgate.nikkei.co.jp/article/71873918_2.html

キーワード選定について

どんなに面白い記事でも、
ニーズが少ないものであるとあまり読んではもらえません。
ですので、ニーズのあるキーワードで記事を作る必要があります。

–法則1.「美女(エロ含む)」
–法則2.「タイトルに数字を入れること」
–法則3.「意外性」
–法則4.「お金、年収」
–法則5.「動物、特にネコ(画像必須)」
–法則6.「地方ネタ」
–法則7.「恋愛、結婚」
–法則8.「若者(世代ネタ)」
–法則9.「ゆるキャラ」
–法則10.「世界の中でも、特に韓国(たまに中国・北朝鮮)」

参照:
バズは作れる!「ネットで話題になるコンテンツ10の法則」を聞いてきたよ

narumi.blog.jp/archives/1537864.html

ネタ作りについて

キーワードが決まってもどのような記事を作ればいいのかわからない。
いざ記事を作り始めるとそんなことがあるかと思います。

ネタの生み出し仕方には一定のルールがあり、
複数の要素を組み合わせて記事の内容を考えていくと、
アイデアがポンポン生まれてきます。

1、串刺し
2、中刺し
3、断面切り
4、千切り
5、輸入
6、味付け
7、側面視
8、背面視
9、陰謀
10、予測
11、過去
12、比較
13、比喩
14、体験談
15、コピペ
16、唐揚げ
17、はや食い
18、固形化
19、ヒーロー
20、卒業
21、対話
22、書評
23、建築書き
24、インタビュー
25、配布
26、参考書
27、糠漬け

参照:人気ブロガーがネタ作るまでに使う27手の妙技

e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-928.html

記事タイトルについて

どんなにいい記事を書いたとしても、
その記事を見てもらえなければ何の価値もありません。

人は見た目が9割と言われますが、
ネット上も同様で、最初に目に入る記事タイトルが何よりも重要となります。

何かを解決したいという目的があるからこそ、
人は時間を使って検索をします。
記事を読んでもらうためには、
その問題を解決できることを記事タイトルで提示する必要があります。

1、パッと見て内容がわかる記事タイトルにする
2、間口を広げる
3、キーワードを組み込む
4、重要なキーワードはタイトルの前半に組み込む
5、成果のイメージを組み込む
6、時間軸を組み込む
7、情報量をアピールする
8、ターゲットを明確化する
9、キラーフレーズを入れる
10、記事タイトルは全角26文字以内にする
11、SNSと検索のどちらをターゲットにするか
12、公開まで時間をあける

参照:
アクセス数を1か月で3倍にする記事タイトル12のルール

hanare-space.com/blogtitle_12rule.html

文章構成について

ブログの文章は、私たちが普段使う「起承転結」は通用しません。
ウェブサイトに訪問してくる人は非常にせっかちですので、
足を止めてさせて興味を持たせるために、
その記事の結論を先に書く必要があります。

文章構成を3つに分類する事で、「ビジネス文書」や「ブログ記事」用に最適化してみた

参照:
文章構成を3つに分類する事で、「ビジネス文書」や「ブログ記事」用に最適化してみた

viral-community.com/blog/writing-structure-3370/

小見出しについて

文章を羅列していると、
何が重要な情報かわからず読んでいる方もうんざりしてきます。
情報を整理して、見出しの文を目立だせることで、印象に残るようになります。

1、『上記の文を要点のみ抽出してリスト化する』
2、『要点に少しだけ気持ちを書き足す』
3、『要点を見出しとして文を作る』
4、見出しは次の文章を見てもらうために存在する
5、最後にタイトルをつけてあげる

参照:
初心者が簡単にプロっぽく記事の内容を仕上げるテクニック

e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-639.html